タグ: 限度額

取引の分断と一連計算について

貸金業者は取引中に空白期間があったり再契約してて再度借り入れた部分があると取引の分断を主張してくることがあります。

過払金返還請求における大きな争点としては取引の分断・取引の一連性の問題と消滅時効の問題があります。
貸金業者との取引で一旦完済してしばらくしてから同じ貸金業者から新たに貸付を受けているケースがあります。
“取引の分断と一連計算について”の詳細は »