任意整理と自己破産にはそれぞれ違いがあります

債務整理の手続きである自己破産と任意整理の二つについて、一体どういった違いがあるのでしょうか。
債務整理の手続を選択する際には,まず,自己破産が可能かどうかを検討します。

自己破産によるデメリットが重大な場合には,ほかの手続を検討することになります。
自己破産の特徴といえば裁判所からの認可をもらわなければならない点です。
しかし、任意整理であれば裁判所はまったく関係がありませんので、
債権者とはそれぞれ個別に交渉をすることになります。
自己破産とは違い、任意整理は裁判手続きではないのです。
自己破産のメリットといえば、裁判所からの免責決定によって債務の支払い義務を免れるという1点につきます。
多重債務者の方が生活を立て直す上で経済的にもっとも有利な手続であり,
自身の持つ財産は清算されてしまいますし、官報への掲載や職業・資格制限といったデメリットも避けられません。
任意整理の場合、返済義務が消えることはなく返済を継続していかなければなりませんが、
自身の財産が清算されてしまうようなことはありませんし、資格や職業の制限が設けられることもありません。
このように、自己破産と任意整理は同じ債務整理の中でもまったく違った性質を持っています。
しかし、どちらの手続きも多重債務問題に悩まされている方が、
新たな生活をスタートさせるためのきっかけとなる手続きであるという点では同じです。

«
»
 

トラックバックURL