借金にも時効があります

借金を一定期間返済しないと時効が成立します。
ただし「返済しない」と表現するのは正確ではなく、
「返済の意思を示さない」ことも条件に入ります。

借金には5年間の時効が存在します。
まずは時効の時期についてですが、金融会社から借りた場合は5年、
個人から借りた場合は10年で時効が成立します。
債権者である業者側も5年間を黙って待っているわけでもなく、
中には債務名義というものを取得する裁判手続きを行い、強制執行による給料の差し押さえをする場合もあります。
差し押さえをされると当然ながら会社にも借金がばれてしまいます。
さて、ここで問題となるのは時効のスタート時点です。
原則としては最終返済日の翌日からスタートして5年が経過すると時効が成立します。
ただし、借りた時の契約書の内容によっては、スタートの日が変わることがあります。
時効の日を迎えても、そのままでは時効は成立しません。
逃げ切ったと安心して後日届いた請求書で間違って(本当は支払う義務がありますが)支払ってしまうと、
せっかく迎えた時効が取り消されてしまいます。
ですから時効日が到達したら、法律に則って借金を消滅させる手続きを進めることが必要です。
これを「援用」といって、こちらも法律に則って内容証明郵便で通知することになります。
消滅時効の援用は個人でもできますが、法律に従ってもれなく書き込まなければいけないので、
費用はかかりますが専門家の司法書士や弁護士に依頼した方が良いでしょう。

«
»
 

トラックバックURL