経過利息と将来利息について

任意整理においては利息や遅延損害金をカットしてもらい元本のみで分割払いの合意等をしてもらうように交渉をするのが一般的です。
経過利息とは,不払いとなってから和解時までの利息のことです。

また、将来利息とは和解時から完済するまで(例えば3年ないし5年)の利息のことです
債務整理をするということは,すでに支払いが困難な状態になっているということなので
利息まで支払わなければならないというのでは債務者の経済的更生を阻害するおそれがあります。
利息の利率が高ければ当然借金の返済はますます困難になります。
任意整理の目的は債務者の方にできる限り無理を強いないような返済計画を債権者との間で合意することが目的ですから
和解後もこのような利息をつけてしまうと,その目的が達せられないおそれがあります。
債権者にとっても任意整理が上手くいけば自己破産や個人再生の場合以上の返済を受けることができるようになるわけですからメリットがあるといえます。
このような観点から任意整理においては長期の分割払いだけでなく同時に利息も免除(カット)してもらうように交渉することになります。

«
»
 

トラックバックURL