主債務者と連帯保証人の時効援用について

借金の消滅時効期間は何年なのでしょうか?
借金は、弁済期又は最後の返済から一定の期間が経過すると消滅時効が成立します。

その期間は、貸主か借主のいずれかが商法上の商人であれば、商事債権として5年となります。
商人でない場合には一般的な債権として10年となります。
つまり消滅時効期間を判断する際には、貸主が商人であるか、借主が商人であるかどうかがポイントとなります。
貸主が消費者金融などの貸金業者である場合は貸金業者が会社なのか個人なのかで時効期間は異なります。
貸金業者が会社である場合の時効期間は5年、個人である場合の時効期間は、10年になります。
借金は期間が過ぎれば何もせずに時効になるのでしょうか?
時効期間が経過したとしても、消滅時効の「援用」をしなければ、借金を消滅させることは出来ません。
「援用」とは、時効の利益を受けるということを相手に伝えることを言います。
具体的には、消滅時効を援用するという通知を、配達証明付きの内容証明郵便で郵送するという方法によります。
また連帯保証人は、主債務の消滅時効の援用ができます。
連帯保証人に対してだけ訴訟提起があったような場合には、保証債務の時効期間だけが10年に延長されて、主債務は5年のままとなりますが、このような場合に、連帯保証人は、自分の保証債務の時効期間はまだ経過していなくても、主債務の消滅時効の援用ができます。
連帯保証人が主債務の消滅時効を援用することにより、保証債務も消滅します。

«
 

トラックバックURL